気短な俺にぴったりのレビトラ!様々なED治療薬の秘密

サイトメニュー

早い効き目がサポート

【国内では2番目に承認された勃起不全の薬】
1999年から国内でははじめて「バイアグラ」の処方が開始されました。
センセーショナルな登場だったので、記憶に残っている人も多いはず。
ここから5年後の2004年には「レビトラ」の処方が開始されました。
この薬は「バイアグラの欠点を改善した薬」と言われ、今でも人気の高いED治療薬となっています。
「どんなことが改善されたのか」や「服用によって起こる副作用」などについて簡単に解説します。

【レビトラの特徴】
まず成分の紹介ですが、「バルデナフィル」という成分が使用されています。
国内処方では、10mg/20mgの2種類の処方が行われています。
ちなみにED治療薬は健康保険の適用がないので1錠1500~2000円は自費での負担となります。
この成分は「水に溶けやすい」性質があるので、服用してから腸から吸収される速度が非常に早いです。
というか全ED治療薬の中でもっとも「速効性」があります。
なので服用してから僅か15~20分ほどで効き目が開始されます。
効きが早い薬は服用する方にとっても有り難いですよね。
急にHOTELに行くことになっても勃起不全を改善し、バッチリ対応できるはずです。
もう1つの特徴が「食事」。
従来までは空腹で服用しないと効き目が安定しませんでした。
これは腸から吸収されるので、食べ物に含まれる油や脂肪分が腸壁についてしまい吸収を邪魔してしまうためです。
ですが、レビトラは約700kcalまでの食事であれば脂っこいものでも摂ることができます。
なので女性と食事を十分に楽しんだ後でもしっかりと効果があります。
最後の特徴が「時間」。
バイアグラは最大持続時間が6時間とされていましたが、こちらは20mgの服用で最大"10時間"の持続性を誇ります。
これなら一晩、何度でもSEXを楽しむことが出来ますよね。
時間的な焦りも軽減されるので、持続時間の延長は嬉しい限りです。

【副作用】
・ほてり
・目の充血
・頭痛
などが起こると言われています。
これは勃起不全を改善するため、ペニスに多くの血液を送る作用である「血管拡張」の影響で起こると言われています。
なので仕方のないことであり、上手く付き合っていくには「効き始めのサイン」くらいに考えれば良いと思います。